主要人間はレストランをしています。ですので仕事は昼間の11場合間から、生業が終わるのは25場合位だ。その間は自分が二人間の幼子を見ている。私も友人と幼子の食生活を気にせずに大人間だけでランチタイムに行きたいと言うのを我慢しながら過ごしています。仕方がない事だと思っています。そんな状況でも主要人間は生業が終わると自由に友人と飲みに行ったり一人間でどこかに出かけます。その時間にも幼子は夜泣きをし自分は睡眠を妨害されながら授乳しています。たまにそういう話を決めるが、ワンポイント「いいな、私もランチタイムに行きたい。」と言うと何を勘違いしているのか、「友人の業者に行っても対価は支払うよ!」と言い返してきます。自分が羨ましがっているのは幼子の事柄なんて全く気にせず自由に出掛ける主要人間の目的だという事を分かっていません。呆れて製品も言えません。自宅でご飯を食べた復路、授乳期の幼子が泣いていようが気にせずタバコを吸いに行きます。自分は食器を洗っているので少し位抱いていてほしいと思います。全くの職業奥さんなら貧弱のかなとも思いますが、自分は働いてはいませんが、蓄財を崩して生活費を折半しています。なので照準は五分五分です。レストランという支援職業をやる割合気が付かないのかな、と情けなくなります。ドモホルンリンクルは30代からはじめるシワ用コスメ。