お子さんが二人間ます。二人間まぶたが産まれたタイミングでボクは販売を辞めました。その後はお子さんを一人間で見ています。それでも生活費は折半だ。養ってくれても素晴らしいものをその様な要請はありません。生活費の気がかりだけでは無く物件の月々払いは完全にボクが一人間で払っています。勿論既存財産TAX、改善費、取り締まり費もだ。それで食堂をやる主人間はディナーを作って帰って来ていただける。食事の余り物を持って帰ってきてくれてディナーに頂いています。ディナー製作がないだけにかなり私の気がかりは少ないです。しかし、生活費と物件の月々払いの気がかりはボクがしているので公正それで割合合っているし、なんならまだ私の方が気がかりが大きいとも思っています。それなのに主人間は事あるごとに「知力らん間に俺がディナー専任ですな。」と恩着せがましく言ってしまう。食事も夕御飯も働いてお子さんとは休日の週末しか関わり合いません。それ以外の時間はずっとボクが一人間で見ています。私も働きたいのにお子さんを見分ける為に販売を辞めた箇所に関しては何もリラックスの考えを表しません。主人間が何も気にせず自分の働きたいように動く事が出来るのはボクが見ているからというのを理解できていない箇所に憤りを感じます。特別普段の一生をディナー製作程度の気がかりだけで済んでおる事を感謝してほしいとはありませんが、自分ばかり何かをやるという強みを辞めてほしいと思っています。それ以外の洗浄や洗濯は総合打ち切る事を当り前の様に思って欲しくないだ。ルルルンというフェイスマスクはおすすめ。